レディー

大家さんになるなら不動産投資セミナーで知識を身に着けよう

サブリースの豆知識

メンズ

安心の賃料保証

アパートやマンションなどの経営をするときに利用する人が多いのが不動産一括借り上げです。不動産一括借り上げとは、不動産管理会社(サブリース会社)に、アパートやマンションの部屋を借り上げてもらうことです。それによって、空き室の有無に関わらず、オーナーは満室賃料の80%〜90%が毎月保証されます。初めてアパートやマンションを経営をする人にとって、「空き室リスク」が一番の不安要素となります。空き室になると当然賃料収入がなくなり、大切な資産を手放すことになりかねないです。しかし、一括借り上げをすることで空き室になるリスクが回避されます。マンションのオーナーにとっては、とてもありがたい家賃保証システムです。

サブリース契約との違い

不動産一括借り上げを「サブリース契約」とも言う場合もあります。二つの言葉は同じような意味合いがありますが、厳密にいうとちょっと違います。一括借り上げは、マンションのオーナーと不動産管理会社が一括で賃貸の契約を結ぶことです。この契約のことを正式には「マスターリース契約」と言います。そしてマスターリース契約をしたあとに、不動産管理会社が賃借人を募集して部屋を転貸します。その結果、不動産管理会社が賃借人と賃貸契約を結ぶことを、サブリース契約と言います。つまり、マスターリース契約(一括借り上げ)のあとにサブリース契約をするという流れになります。しかし、一般的にはひとまとめにしていう場合が多いようです。